MENU
CONTACT

Dr.トレーニング学芸大学店

10月19日(金)グランドオープン!
ジム
ギャラリー1
ギャラリー2
ギャラリー3
ギャラリー4
ギャラリー5
ギャラリー6
ギャラリー7
ギャラリー8
ギャラリー9


POINT-1 « シンクロ率 »を向上するための仕掛け

« シンクロ率 »を向上するための仕掛け

POINT-1 « シンクロ率 »を向上するための仕掛け

神経に働きかけるアロマ

« 香り »は脳に直接、働きかけます。神経を刺激するアロマを使用してトレーニング効果をより高めます。

POINT-2 繊細なディティールも見逃さないために

繊細なディティールも見逃さないために

POINT-2 繊細なディティールも見逃さないために

2色の照明

暖色と白色の照明を組み合わせることにより、身体のシルエットがより鮮明に見えます。

POINT-3 こだわりのトレーニングスタイル

こだわりのトレーニングスタイル

POINT-3 こだわりのトレーニングスタイル

裸足でのトレーニング

重心や身体の変化をより体感していただくために、シューズは履かないでトレーニング致します。

POINT-4 コンディションを正確に把握する重要性

コンディションを正確に把握する重要性

POINT-4 コンディションを正確に把握する重要性

In-Body 体組成計

あえて統計学を用いらない体組成計で体重、体脂肪、筋肉量などを測定し、ありのままのコンディションを正確に測定致します。

POINT-5 トレーニング後もさわやかに

トレーニング後もさわやかに

POINT-5 トレーニング後もさわやかに

こだわりのアメニティ

オーガニックシャンプーなど厳選したアメニティでトレーニング後はリフレッシュできます。

店舗の特徴

ジム

人それぞれの悩みの解決する場所、目標を達成できる場所

スタッフの特徴&良いところ
・寄り添いたいと思う気持ちが誰よりも強い
・ダイエット、ボディメイク、健康増進、パフォーマンスアップの為の
 栄養やトレーニングの知識が非常に豊富
・常に勉強をし、知識をアップデート

学芸大学店のスタッフはとにかく、人それぞれの悩みに対して一生懸命です。お客様がどうしたら幸せになれるかを深く考えます。
常にアップデートされている知識とお客様への強い想いを融合させてトレーニングを提供しています。

賑わっている商店街に出来たDr.トレーニング学芸大学店!

店舗の中は明るい雰囲気や笑いが常に飛び交っています!
そんな学芸大学店で楽しみながら、理想の体を手に入れていきましょう!

Dr.トレーニング 学芸大学店
〒152-0004 東京都目黒区鷹番2−8−22 プラザ学芸大学EAST
学芸大学駅から徒歩3分

03-5708-5886

東急東横線 学芸大学駅からの道順(徒歩3分)

(1)改札をでで右手の商店街を直進します。

(1)改札をでで右手の商店街を直進します。

(2)途中にマツモトキヨシがありますので、そのまま直進を続けます。

(2)途中にマツモトキヨシがありますので、そのまま直進を続けます。

(3)こちらのカフェのすぐ隣にDr.トレーニング学芸大学店がございます。

(3)こちらのカフェのすぐ隣にDr.トレーニング学芸大学店がございます。

パーソナルトレーニングジム 学芸大学店おすすめトレーニング

TRXデュークストレッチ

体には筋膜というものがあります。

筋膜とは…?
筋肉を包む膜のことで、ウェットスーツのように体全体を覆っており、第二の骨格であるとも言われています!
筋膜は柔らかい組織で癒着しやすい特徴があり、筋膜の癒着が体の柔軟性を低下させてしまうのです。
今回は「ラテラルライン」という筋膜ラインを効率よくストレッチ出来る「TRXデュークストレッチ」についてご紹介します!

「ラテラルライン」とは…?
左右の頚~肋骨~お尻~足の外側にある筋膜ライン
ここの癒着が起こると… 「左右バランスの崩れ」「肩こり」「呼吸が浅くなる」「腰痛」 など色んな事に影響を及ぼします!
TRXを利用すると、ラテラルライン全体がストレッチ可能です!即時効果もあり、トレーニング前のストレッチにもオススメです!

ラットプルダウン

使う筋肉:広背筋

ラットプルダウンは広背筋を鍛える種目になります。
広背筋と聞くとなかなかピント来ない方が多いかと思います。
肩コリの方は比較的肩が挙上(上に上がっている)方と円背(肩が前に行っている)肩がほとんどです。
ラットプルダウンをやることで肩甲骨の動きも出ますし、肩が下がるので肩コリの方はマストでやった方がいい種目です。

やり方としてはまずバーを肩幅よりやや広めに持っていただき、そのままバーを胸のあたりまで、腕の力ではなく肩甲骨を寄せるイメージで引いてきます。その後バーを最初の位置に戻します。この一連の流れを繰り返します。

注意点
・バーを上げ下げするとき肩がすくまない
・腰を反りすぎない

バーの握る位置などによっては刺激の入り方が違うので、すごく面白くてなおかつ日常生活には必要なトレーニング種目です。
ぜひ行ってみてください。

TRXプッシュアップ

使う筋肉:大胸筋・腹筋群・上腕三頭筋など

TRXを使ったトレーニングは、単純に一つの部位を鍛えるというものではなく、バランスや筋肉の連動性をトレーニングできる、まさに一石二鳥のトレーニングです。
筋肉だけをつけても、神経が発達していなければうまく身体が連動して使えません。そうなるとせっかく付けた筋肉ももったいないですよね。
また、このトレーニングは、大胸筋、三角筋前部、上腕三頭筋、体幹を主に強化できるエクササイズになっております。
体幹の強化、姿勢改善、腰痛予防、パフォーマンスアップなどにも繋がり、一般の方からアスリートまで、幅広くオススメなトレーニングです!

特別キャンペーンお申込みはこちら