MENU
CONTACT
無料カウンセリングはこちら

痩せる1日の生活 〜夕方~夜編〜

皆さん、こんにちは!

Dr.トレーニング学芸大学店パーソナルトレーナーの目野です🌻

 

 

前回は朝〜昼の生活を見比べてみました!

今回は夕方〜夜の生活を見てみましょう!

 

 

GOOD生活🙆‍♀️

 

18:00ー運動(週に2回はジムやヨガに通う)

健康維持のために、週2回は運動を心がける。

ジムやヨガで爽快に汗を流してストレスも解消!

19:00ー夕食(時短でできる料理バランスの良い食事)

仕事から帰って疲れてる時でも作れる簡単料理で野菜タンパク質中心料理🥕

お腹いっぱいに食べると消化しきれないので腹六分に抑える

21:00ー入浴(ゆっくりバスタイム)

疲労を回復するために一番の解決法はお風呂に浸かる🛀

身体を温めることで代謝もUP ↑↑

22:00ーストレッチ(リラックスタイム)

入浴を終えて体が温まったところで、ストレッチをする。

心地よい疲れが出て、睡眠の質も上がります💤

23:00ー就寝(部屋を暗くして早めに寝る)

テレビや携帯を遅くまで見ずにベッドに入り就寝。

最低でも6時間以上は寝る🛌

BAD生活🙅‍♀️

 

18:00ー夕食(ほぼ毎日お酒を飲んでついつい食べ過ぎる)

「今日は控えめに」と思っていても、アルコールが入るとついつい飲み過ぎかつ食べ過ぎる🍺

いつの間にか2〜3時間飲み食いしている

22:00ー締めのご飯(締めは必ずラーメンかコンビニスイーツ)

大量に飲んで食べたのに、なぜか小腹が空いてしまう。

ラーメンやクリームたっぷりのスイーツを買うのが定番になってしまっている🍜

23:00ー帰宅(帰ったらテレビを見てダラダラ夜更かし)

帰宅したら、習慣的にテレビをスイッチオン。

YouTubeやNetflixを見て止まらない

25:00ー就寝(暗闇でもスマホを見て寝不足になる)

ベッドに入ってからも、眠れないのでなんとなくスマホを流し読みしてしまい、目がどんどんさえていく。

🌙夜の過ごし方のポイント

 

①暴飲暴食は避け、リラックスする時間を作る

タンパク質(肉・魚)を十分にとることを意識しましょう!

アルコールの飲み過ぎは筋肉の合成を抑えてしまうのでNGです❌

寝る1〜2時間前くらいにゆっくりお風呂に入り、リラックスしたところで就寝を💤

質の良い睡眠によって、筋肉をつくる成長ホルモンの分泌が促されます。

②睡眠中における筋肉とタンパク質の関係

眠っている間は絶食状態です。

そのため、筋肉を構成するタンパク質がアミノ酸に分解され、筋肉量は減少します。

大事なのは、起床後に朝ごはんを抜かず、十分なタンパク質を摂取することで筋肉量の維持や増加にとても重要ということです。

終わりに…

朝から夜までの生活を見ていかがでしたか?

BADな生活に当てはまるものはありましたか?

毎日GOODのような生活をするということではなく、自分にあった1番の生活リズムを作りそれを習慣化していくことが一番大事になります!

1日1日が楽しいって思える毎日を過ごして体も心も健康的になりましょう🍀

そして、運動を始めるならパーソナルトレーニングで身体だけではなくライフスタイルまでも変えていき、

私たちパーソナルトレーナーが一人一人に合ったものを提案し提供させていただきます✨

■Dr.トレーニング学芸大学店

学芸大学の地でパーソナルトレーニングによる
「一瞬ではなく一生モノの身体作り」
〈Dr.トレーニング学芸大学店〉

03-5708-5886

〒152-0004
東京都目黒区鷹番2−8−22 プラザ学芸大学EAST
>学芸大学のパーソナルトレーニング 店舗案内はこちら
>メールでのお問い合わせはこちら

>学芸大学のパーソナルトレーニング Dr.トレーニング TOP