MENU
CONTACT
無料カウンセリングはこちら

この姿勢が太る原因です…

皆さん、こんにちは!

Dr.トレーニング学芸大学店 パーソナルトレーナーの目野です🌼

 

 

8月があっという間に終わってしまいましたね!

夏もあと少し…

皆さんは夏らしいことできましたか~🌈🌴

夏の暑さが止むまで夏を満喫しましょう🏖🐬

それでは9月一発目のブログ、ぜひ最後までご覧ください☺︎

 

 

皆さん、こんな姿勢になっていませんか?

 

左から順にどんどん姿勢が崩れている写真です。

パソコンや携帯、テレビを長時間見ていると無意識になっているかたも多いのではないでしょうか。

この姿勢が1番の太る原因なのです。

 

 

ストレートネック

・慢性的な首の痛みや肩こり

・猫背・巻き肩の原因に

 

猫背・巻き肩

・腹筋や背筋の機能低下→脂肪がつきやすい

・肋骨広がり→ぽっこりお腹

・血流・リンパの滞り→代謝の低下

 

骨盤後傾

・お尻の筋力低下→お尻たるみの原因

・血流・リンパの滞り→下半身太りの原因

 

このように、パソコン作業の代表的な不良姿勢は、頭部前方方位姿勢と胸椎後弯姿勢です。

背中は丸まった猫背で、頭が身体の真上に乗らず前に出ています。

でも、視線は真っ直ぐ前を見ようとするので、顎が突き出てしまい、首の後ろが詰まる感じになります。

また、肩は前方に巻き込まれたようになります。

 

立位姿勢でも座位姿勢でも、この猫背があると、首の後ろの筋肉は短縮し、肩は前に巻き込まれ、顎は前に引っ張られます。

このような状態にでは前に引っ張られた頭と肩を支えるために普通以上に首や肩周りの筋肉が働かなくてはならなくなります。

 

 

正しい座り姿勢とは

 

耳後ろ・肩先・骨盤が床から垂直

簡単なポイント👆

・骨盤を立たせて背筋を伸ばす

・肩の力を抜き、顎を引く

・足を揃え、床に着ける

 

スマホをよく見る・デスクワークの人は時にここ👇

画面の位置が大切

・モニターは目線の水平orやや下

→モニターの下に台を置く等工夫

・体の正面にモニター

・モニターとの距離は最低40cm以上

*首が前に出ないようにする

*1時間以上同じ姿勢でいない

これを少しでも意識づけてライフスタイルから身体のアライメントを整えていきましょう。

身体のケア方法

胸鎖乳突筋のストレッチ

①右手で左鎖骨のしてに手を置きます。

②そのまま顎を上→右側へ首を倒します。

③伸びるポジションで呼吸を繰り返します。

左右30秒

猫背・巻き肩改善エクササイズ

①タオルを両手で肩幅に持ち、上にあげます。

②姿勢を正したまま首の後ろ側に下ろします。

③肩がすくまないように意識して繰り返し行っていきましょう

10回×3セット

お尻のストレッチ

①左足を90度に曲げます

②前方にゆっくり体重をかけていきます

③お尻にストレットがかかポジションで呼吸をしましょう

左右30秒

■Dr.トレーニング学芸大学店

学芸大学の地でパーソナルトレーニングによる
「一瞬ではなく一生モノの身体作り」
〈Dr.トレーニング学芸大学店〉

03-5708-5886

〒152-0004
東京都目黒区鷹番2−8−22 プラザ学芸大学EAST
>学芸大学のパーソナルトレーニング 店舗案内はこちら
>メールでのお問い合わせはこちら

>学芸大学のパーソナルトレーニング Dr.トレーニング TOP