MENU
CONTACT

抗酸化作用って何?意外としらない栄養の真実!

こんにちは!Dr.トレーニング学芸大学店の布目です!

 

 

抗酸化作用って何?というところお伝えさせて頂きたいと思います!

 

抗酸化作用ってどんな作用なのか?、

 

抗酸化していくことで私たち身体にどのような影響を与えていくのか?

 

についてしっかりと理解していきましょう!

 

抗酸化作用ってどんな作用?

 

まず、抗酸化作用を理解していく上で活性酸素という言葉を抑えておきたいです!

 

人間は生命を維持していくために酸素を身体に取り込む必要があります!

 

その取り込まれた酸素の一部が「活性酸素」になります!

 

活性酸素は普通の状態よりも酸化力が強い酸素で、

 

体内の免疫機能に関する重要な役割を担っている大事なものです!

 

ただ、体内で活性酸素が増えすぎると、さまざまな物質と反応し、酸化させて、

 

細胞にダメージを与えたり、老化を促進したりします!

 

それが原因で、動脈硬化やがん、免疫機能の低下などの

 

さまざまな病気や障害を引き起こしてしまうのです!

 

その活性酸素が増えすぎないよう、体の老化を抑え、病気を引き起こすリスクを

 

予防したり防いだりする働きが抗酸化作用の効果です!

 

だからこそ、抗酸化作用をある食品をとって対策していく必要があるのです!

 

活性酸素が増える原因

 

活性酸素は体内で常に作り続けられているのですが、

 

増える原因もお伝えさせていただきます!

 

・激しい運動

 

・ストレス

 

・喫煙

 

・紫外線

 

・化学物質、大気汚染

 

活性酸素が必要以上に増えると分解が間に合わなくなってしまいますので、

 

気を付けていきましょう!

 

主な抗酸化作用のある栄養素と食品

 

βカロテン

 

しそ、にんじん、ほうれん草など

 

ビタミンC

 

ブロッコリー、キウイフルーツなど

 

ビタミンE

 

アーモンド、ひまわり油など

 

まとめ

 

抗酸化作用についてお伝えさせて頂きましたが、

 

体の酸化を抑え、老化と生活習慣病を予防していきましょう!

 

 

■Dr.トレーニング学芸大学店

学芸大学の地でパーソナルトレーニングによる
「一瞬ではなく一生モノの身体作り」
〈Dr.トレーニング学芸大学店〉

03-5708-5886

〒152-0004
東京都目黒区鷹番2−8−22 プラザ学芸大学EAST
>学芸大学のパーソナルトレーニング 店舗案内はこちら
>メールでのお問い合わせはこちら

>学芸大学のパーソナルトレーニング Dr.トレーニング TOP