MENU
CONTACT
無料カウンセリングはこちら

覚えておきたい!胃もたれ対策とは?

こんにちは!Dr.トレーニング学芸大学店の布目です!

 

 

どんな状態?

 

消化機能が低下し、食べ物が胃に長く留まっている状態です!

 

胃もたれは一般的に食べ過ぎや飲みすぎ、油っこい食事などの胃腸に負担がかかる食生活を

 

していくと胃の働きを低下させ、消化不良が起こります!

 

また、ストレスによる自立神経の乱れが原因となるケースもあります!

 

対策

 

タンパク質ビタミンUで胃の粘膜を修復!

 

一時的な胃もたれの場合、まずは空腹になるまで胃を休めることが大切です!

 

その間は水分補給を忘れないようにとっていきましょう!

 

また、食事をするときは脂の多い肉や食物繊維が多い、硬い野菜は避けて、

 

消化に良いものを食べていきましょう!

 

ただ、タンパク質は胃の粘膜の材料となるので、積極的にとっていきたいです!

 

そして、胃の粘膜を保護する働きがあるぬめり成分を含むオクラや長芋、

 

胃の粘膜の修復作用が期待されるビタミンUが豊富なキャベツやブロッコリーなどと

 

一緒にとることをおすすめします!

 

胃の消化吸収力が低下しているため、消化を助ける食べ物もおすすめです!

 

おすすめな食材は?

 

長芋

 

 

ぬめり成分を多く含んでおります!

→お酒を飲む前にとるのも効果的です

 

 

キャベツ

 

 

ビタミンUが多く含んでおりますので、胃粘膜の修復が期待される

 

グリーンアスパラガス

 

 

ビタミンUやタンパク質の材料であるアスパラギン酸が豊富

 

豆腐

 

 

脂質が少なく、消化吸収しやすいタンパク質

 

バナナ

 

 

水分とともに不足するカリウムの補給に

 

大根

 

 

熱に弱いですが、アミラーゼが消化を助けるので、すりおろししてたべるのがおすすめ

 

トマトジュース

 

 

飲酒後、失われやすい水分、ビタミン、ミネラルを補給できる

 

シジミ

 

 

アルコールを分解して肝機能をたすけるオルニチンが豊富

 

まとめ

 

胃もたれの際に今回紹介させて頂きました食材を取り入れていきましょう!

 

なるべく食べ過ぎ、アルコールの飲みすぎ、消化の悪い食べ物を避けていけるように

 

みなさんの食生活を見直していきましょう!

■Dr.トレーニング学芸大学店

学芸大学の地でパーソナルトレーニングによる
「一瞬ではなく一生モノの身体作り」
〈Dr.トレーニング学芸大学店〉

03-5708-5886

〒152-0004
東京都目黒区鷹番2−8−22 プラザ学芸大学EAST
>学芸大学のパーソナルトレーニング 店舗案内はこちら
>メールでのお問い合わせはこちら

>学芸大学のパーソナルトレーニング Dr.トレーニング TOP