MENU
CONTACT
無料カウンセリングはこちら

現役トレーナーが教える!「やせたい人は必見!摂取を控えたい食品」を解説します!

こんにちは!Dr.トレーニング学芸大学店の布目です!

 

 

ダイエット中に食べてはいけないものを食べてしまい落ち込んでおります!(笑)

 

ごめんなさい!嘘でーす😊

 

これは筋トレをする前にしているウォーミングアップの風景です!(笑)

 

さて、今回の内容はダイエット中に摂取を控えたい食品について解説していきたいと思いました!

 

夏まで残りわずかなので、食べる物にも気を付けていきましょう!

 

みなさんが理想とする身体作りに向けてラストスパートを一緒にかけていきたいです🔥

 

摂取頻度を控える食品

 

 

乳製品

 

牛乳・ヨーグルト・チーズ

 

パルミチン酸という種類の脂質が要注意です

お肉の油と同じ種類で油をとってるのと同じになってしまう!

 

ダイエットしてる人は頻度減らす

☝️乳製品をどうしてもとりたいなら

 

カルシウムとるため

→野菜、海藻類、大豆製品、で代用可能

 

腸内環境のため①」(乳酸菌)

→納豆、味噌などの発酵食品、で代用可能

 

腸内環境のため②」(ビフィズス菌)

→大豆製品、野菜、で代用可能

 

多脂製食品

 

オイル、マヨネーズ、ドレッシング、ベーコン、ソーセージ、バター、マーガリン、ナッツ、アボカド

 

ナッツアボカドビタミンミネラルが豊富だけど取る量には注意しましょう!

 

果糖含有食品

 

果物、菓子類、スイーツ

 

→果糖はエネルギーに変わりにくいので、食べる分だけ脂肪が増えるので注意してください!

 

☝️ちなみにビタミン、ミネラルをとりたいから食べている人がいれば野菜から摂取できると良いです!

アルコール

 

なぜアルコールがだめなのか?

 

1.肝臓代謝機能ストップしてしまう!

 

→アルコールの解毒が優先的になってしまい、脂質や糖質の代謝ストップさせてしまうのが原因としてあります!

 

ちなみに個人差はありますが、ビール1杯3時間くらい代謝がストップするので飲む量には気を付けていきましょう

 

・アルコールの代謝機能をあげる対策とは?

 

→尿を出してアルコールを体外に排出を促していくことが大切です!

 

主に利尿作用があるカフェイン、カリウム、水分が取るようにしましょう!

 

以上を踏まえて、じゃあ何を食べると良いの?

 

毎食は主食(糖質・でんぷん)1品・主菜(タンパク質)1〜2品・副菜(野菜)たくさん

 

を取るように心がけていきましょう!

 

もし時間がない朝は糖質とタンパク質だけでも取るように意識してみてください!

 

例えば、TKG、納豆ご飯などを組み合わせできる限り両方とれるようにしていきましょう!

 

まとめ

 

摂取を控えて欲しい食品を紹介させていただきましたが、

 

みなさんは上記食品を食べ過ぎたり、飲みすぎたりとしておりませんでしょうか?

 

ダイエットにおいて、何を、どのくらいを食べるか?よって勝負は決まるので、

 

今回の内容を参考にして頂き、筋トレと並行していきながらも食品選択と量を管理して瘦せていきましょう!

 

■Dr.トレーニング学芸大学店

学芸大学の地でパーソナルトレーニングによる
「一瞬ではなく一生モノの身体作り」
〈Dr.トレーニング学芸大学店〉

03-5708-5886

〒152-0004
東京都目黒区鷹番2−8−22 プラザ学芸大学EAST
>学芸大学のパーソナルトレーニング 店舗案内はこちら
>メールでのお問い合わせはこちら

>学芸大学のパーソナルトレーニング Dr.トレーニング TOP