MENU
CONTACT

【ダイエット必見!】効率良く痩せたいならHIIT🔥

皆さんこんにちは!

Dr.トレーニング学芸大学店の目野です🌻

 

 

5月もあと少しですね!

皆さんはどんな1ヶ月でしたか?

私は、この1ヶ月あっという間に過ぎていった気がします!

それほど一日一日が充実していたということですね☺︎

その中でも休みの日は美味しものを食べ、自然に触れリフレッシュしていました🍀

気分が沈みやすいこの時期こそ、好きなこと楽しいことをして自分自身を癒してあげましょう😌

それでは本日のお題HIITの効果についてお話していきます!

トレーニングしている方はこの言葉を一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

ダイエットの方にも必見のHIITトレーニング🔥

HIITのお話をする前に、そもそもなんで運動したほうが健康のためにはいいのか、痩せるからという単純な理由ではないということを先にお話していきます!

◯運動すると健康寿命が伸びる

*ガンのリスク減る

男性62% 女性46%

運動をしていない人の方が圧倒的にガンのリスクが高いです。

 

*元気な身体を維持できる

人は運動をしていないと1年間で1%ずつ筋肉量が落ちてしまいます。

寝たきりになれば2日で1%落ちてしまいます。

 

身体の半分以上の筋肉は下半身についています。

つまり、筋肉量が落ちていくと脚力も低下し、あらゆるところを痛めやすくなり、姿勢が悪くなったり、歳をとるにつれ歩くことすら困難になってしまいます。

 

筋肉を維持し続けたり、増やしたりするためにも運動が重要だということです。

 

◯なぜHIITは良いのか?

1.HIITトレーニングとは

HIIT=高強度インターバルトレーニング

高負荷の運動  低負荷の運動

     (短時間)

「心肺機能」と「筋力」の両方の能力を高めることができ、疲れにくい身体を作ることができます。

.HIITのメリット

メリット①高負荷の運動で筋肉量を増やし、低負荷の運動で心肺機能を上げる

ミトコンドリアの質を高め量を増やすことで最大酸素摂取量を上げることができる

メリット②短時間で効果が得られる

3.HIITのやり方

①20秒の運動+10秒の休憩を8セット 合計4分

②最大心拍数の70〜80%程度で行う(126〜146)

目安としては運動中ギリギリ会話ができるくらい

③週2回から初めて、徐々に日数を増やしていく

継続が大事!!

④ケガの防止や疲労回復のためにウォームアップとクールダウンを行う

ウォームアップ→筋肉や関節へのダメージリスクを減らす

クールダウン→疲労回復しやすい身体作る

🔥HIITトレーニングメニュー

例)スクワット▷マウンテンクライマー▷ヒップリフト▷Lクランチ

是非挑戦してみて下さい✨

■Dr.トレーニング学芸大学店

学芸大学の地でパーソナルトレーニングによる
「一瞬ではなく一生モノの身体作り」
〈Dr.トレーニング学芸大学店〉

03-5708-5886

〒152-0004
東京都目黒区鷹番2−8−22 プラザ学芸大学EAST
>学芸大学のパーソナルトレーニング 店舗案内はこちら
>メールでのお問い合わせはこちら

>学芸大学のパーソナルトレーニング Dr.トレーニング TOP