MENU
CONTACT

体幹トレーニングの真実!

皆さん、こんにちは!

Dr.トレーニング学芸大学店の目野です🌷

 

なんと、学芸大学店に新たなメンバーが追加されました!!

そうです!骸骨君です💀❤️

名前はまだ決めていないのですが5月から学大Familyの一員として、盛り上げいきますので、今後ともよろしくお願いします👨‍👩‍👧💓

 

それでは本題に入っていきます!!

 

体幹という言葉、皆さんも一度はお聞きしたとがあるかと思います。

 

スポーツ経験のあるほとんどの方は実際に『体幹トレーニング』を行っていませんでしたか?

私は、陸上(長距離)を7年間していたのでほぼ毎日のように走る練習前に体幹トレーニングを行っていました!

今思えば体幹トレーニングをする意味が理解できます!

なぜならば体幹が身体を動かしていく上でので土台になり、パフォーマンスにも影響してくるからです。

体幹とは何なのか、正しい体幹トレーニングはどういうことなのかをお話ししていきます!

 

体幹】とはどこのこと?

 

まず、大前提として『体幹』とはいったいどこなのか知っていますか?

 

体幹は読んで字のごとく、カラダの幹です。

具体的には、手・脚・頭を除いた胴体部分です。

ここが、土台となり手脚が自在に動けるようになることが『体幹トレーニングの目指すところです!

 

私たちは手脚を動かして日常動作を行なっています🚶‍♀️

この時に、土台がしっかりしていないとカラダを支えることが出来ず、姿勢を崩してしまうのです。

姿勢が崩れると見た目も悪くなりスタイルが保てません。

脚が太くなる、O脚になる、猫背、お腹ぽっこり、腰痛、肩こりなどの悩みも、体幹が使えないことで起きる不具合です。

 

つまり、体幹の使えていないカラダは、不調を起こすのです。

 

体幹の筋肉

 

骨盤底筋群     多裂筋     腹横筋      横隔膜

 

 

体幹の筋肉は、背骨・胸郭・骨盤で形成しています。

なかでも、体幹の一番奥にある深層筋コアは、背骨の動きを支え、背骨のS字カーブを保ち、内臓を支えてくれています。

 

そして、動く時に体幹と手脚をつなぎ、手脚の自在な動き、カラダのブレない安定感を支える筋肉が胴体=体幹の筋肉です。

体幹の筋肉の中でも、隣り合った関節をつなぐ単関節筋は、手脚の動きを安定させるために働く深層筋です。

言い換えれば、動きをつかさどる表層筋が働くときに、手脚を支える体幹の深層筋が働かないとカラダがブレ、手脚の動きに体幹がつられてしまい、力のロスが起きます。

コア体幹がきちんと働くカラダは力みがなく、手脚がしなやかに動きます。

 

正しい体幹トレーニング

初めて体幹トレーニングをする方は特に、動画や本を見ながら行なっても「本当に効いているかが分からない」「肩・前ももに効いている」など体幹ではなく一部への負担もしくは、なんとかく‥というイメージしかないと思います。

体幹が使えないと、手脚は辛い、すぐ疲れる、どこか一ヶ所に負担がかかる、力んだりカラダがブレたりした、動きはスムーズでない、などの現象が起きます。

体幹を使わずに違う筋肉を使い、結果、正しく動けない。

そして、最後には痛みが出るなどの弊害が出るのです。

3つのポイント

体幹がきちんと使えている動きがどうかを見極めるには3つのポイントがあります!

🟡中心軸がしっかりしているブレない動き

🟡手脚に負担がかからないリキみない動き

🟡ムダのないスムーズな動き

効いているなと感じて欲しい部分は、手脚ではなく胴体にあります。

体幹の筋肉は、背骨の動きと手脚の動きを連動させます。

カラダの中心に、一本のコイルが入っているイメージです。

この太いコイルは、手脚が動くと、軽くしなりながらも中心を支えているのです。

このように、しなやかでムダやリキみのない動きをつくり出すのが胴体なのです。

終わりに…

体幹とは何かお分かりいただけましたか?

日常にもトレーニングにも欠かせないからこそ、体幹を強化していく必要があります!

Dr.トレーニングではコアアクティベーションという形でトレーニングメニューを作成し、

あなたにあった、あなただけのトレーニングを提供させていただいております!

一度体験してみませんか?

■Dr.トレーニング学芸大学店

学芸大学の地でパーソナルトレーニングによる
「一瞬ではなく一生モノの身体作り」
〈Dr.トレーニング学芸大学店〉

03-5708-5886

〒152-0004
東京都目黒区鷹番2−8−22 プラザ学芸大学EAST
>学芸大学のパーソナルトレーニング 店舗案内はこちら
>メールでのお問い合わせはこちら

>学芸大学のパーソナルトレーニング Dr.トレーニング TOP