MENU
CONTACT
無料カウンセリングはこちら

トレーニングしても筋肉がつきにくいあなたへ!筋トレ後の飲酒を疑ってみて!

こんにちは!Dr.トレーニング学芸大学店の布目です!

 

 

トレーニングをコンスタントに継続しておこなっているのに、

 

筋肉がつきにくいあなたへ

 

トレーニング終わった後にグッと一杯お酒を飲んでいませんか?

 

運動した後のビールは最高ですね🍺

 

とても気持ちがわかります!

 

ですが、その習慣がずっと続いてしまいますと、トレーニングの効果を

 

台無しにしてしまうという、、、、、、

 

筋トレ後の飲酒について具体的にどういう影響があるのか?

 

について説明させていただきたいと思います!

 

それではいきましょう!

 

テストステロンの分泌が抑制

 

テストステロンとは成長ホルモンであり、筋トレすることで分泌が促進され、

 

筋肉を作るのに関わっております!

 

ですが、筋トレ終わった後に飲酒することで成長ホルモンの分泌が抑えられて、

 

筋肉を作るのがとまってしまうという訳です!

 

コルチゾールの働きの促進

 

コルチゾールというのは、飲酒することで分泌が促されていきます!

 

そうなると、このホルモンが分泌されると筋肉分解が始まり、筋肉量が下がっていく、、、

 

シグナル伝達経路の活動が低下

 

筋トレやたんぱく質の摂取により、筋肉の合成を促す「mTOR(たんぱく質キナーゼ)」と呼ばれる

 

シグナル伝達経路が活発になることが分かっています!

 

しかしアルコールを摂取することで、mTORの活動が低下するという結果を発表している研究もあります!

 

まとめ

 

以上が筋トレ後に飲酒するとせっかくのトレーニング効果を台無しにしてしまう要因と

 

なりますので、筋肉を効率よくつけていくために筋肉後の飲酒の習慣を見直していきませんか?

 

さらに詳しく聞きたい!

 

それでもやめられない!

 

などのお悩みを是非とも解決していきたいと思いますので、

 

一緒に頑張っていきましょう!

 

そして今ならなんと、体験トレーニングが3400円で受けられます!

 

さらに入会金無料です!

 

お問い合わせ

 

■Dr.トレーニング学芸大学店

学芸大学の地でパーソナルトレーニングによる
「一瞬ではなく一生モノの身体作り」
〈Dr.トレーニング学芸大学店〉

03-5708-5886

〒152-0004
東京都目黒区鷹番2−8−22 プラザ学芸大学EAST
>学芸大学のパーソナルトレーニング 店舗案内はこちら
>メールでのお問い合わせはこちら

>学芸大学のパーソナルトレーニング Dr.トレーニング TOP