MENU
CONTACT
無料カウンセリングはこちら

肩こり解消② 【胸椎の動き】が大切!アプローチ方法と理由を解説します!

こんにちは!Dr.トレーニング学芸大学店の布目です!

 

 

前回は肩こり解消にはローテータカフの安定性を

 

高めていくことが解消に繋がるということを解説しました!

 

前回の内容も気になる方は下記URLをクリックしていきましょう!

 

肩こり解消① 肩関節のインナーマッスル【ローテーターカフ】について解説します!

 

そして、第2回は【胸椎の動き】を改善していくことで

 

肩こり解消に繋がります!

 

人それぞれどこに原因があるのか?異なるので

 

そこの動きが悪くて肩に負担をかけている可能性があると思いますので、

 

動きをよくして解消していきましょう!

 

さらにそこの動きを上げるアプローチ方法と理由を解説していきたいと思います!

 

それではいきましょう!

 

肩こり×胸椎の動きの関係とは?

胸椎とは

 

 

さて、ここで問題です!(笑)

 

首から腰まで椎骨という骨が連結して脊柱を構成し、体幹の中軸を維持しております!

 

その中で脊柱は頸椎 、胸椎、腰椎、仙椎、尾椎の5つに大きく分けられております!

 

【問題】その脊柱に連なっている椎骨はいくつありますでしょうか?

 

ちなみに胸椎に連なっている椎骨は12個あります!

 

答えはまとめで!!(笑)

 

肩こりとの関係

 

胸椎の機能として、①屈曲②伸展③回旋④側屈の4つの役割があります!

 

その中で【屈曲伸展】がでないと、

 

その分を頚椎や肩関節で補っていかないといけないので、

 

その結果、僧帽筋上部を使いやすくなってしまう!

これが肩こりを引き起こす原因となります!

 

※胸椎屈曲=背中を丸める,胸椎伸展=胸を張ることです!

 

そこの動きを両方できるようにしていくことで肩こり解消に繋がるので

 

今回紹介するアプローチ方法を行って肩こりを解消していきましょう!

 

アプローチ方法

 

キャット&ドック

 

 

説明

 

①背中を丸める

 

※背中を丸めながら息を吸って吐きながら動きをあげていきましょう!

 

②胸を張る・肩甲骨を寄せる

 

この両方の動きを5回繰り返していきましょう!

 

まとめ

 

肩こり解消について今回紹介した【胸椎の動き】も

 

疑ってもみてもいいと思いますので、紹介したアプローチ方法を

 

行っていき動きを改善していきましょう!

 

さて、先ほどの問題の答えをお伝えさせて頂きたいと思います!

 

【問題】脊柱に連なっている椎骨はいくつありますでしょうか?

 

答えは、、、、多少の個人差はありますが、通常は33個です!

 

詳しくは頸椎(7個)、胸椎(12個)、腰椎(5個)、そして仙椎(5個)、尾椎4個で構成されております!

 

 

さらに詳しく聞きたい!

 

さらにアプローチ方法を知りたい!

 

肩こりを解消したい!

 

などのお悩みを是非パーソナルトレーニングで解決していきましょう!

 

お問い合わせ

■Dr.トレーニング学芸大学店

学芸大学の地でパーソナルトレーニングによる
「一瞬ではなく一生モノの身体作り」
〈Dr.トレーニング学芸大学店〉

03-5708-5886

〒152-0004
東京都目黒区鷹番2−8−22 プラザ学芸大学EAST
>学芸大学のパーソナルトレーニング 店舗案内はこちら
>メールでのお問い合わせはこちら

>学芸大学のパーソナルトレーニング Dr.トレーニング TOP