MENU
CONTACT

パーソナルトレーナーが教える!腰痛改善にはもも裏の動きが大事!

こんにちは!Dr.トレーニング学芸大学店の布目です!

 

 

ちなみに前屈をした時に手の平が床に付きますか?

 

答えがNOという方はもも裏(ハムストリングス)が硬くなっています!

 

そこがが硬くなると腰痛の原因となりますので、

 

もも裏(ハムストリングス)という筋肉の柔軟性をあげて腰痛改善していきましょう!

 

もも裏(ハムストリングス)

 

そして、もも裏(ハムストリングス)は

 

おしりの付け根から太ももの裏側、太ももから膝裏周辺にある、3

 

つの筋肉(大腿二頭筋、半膜様筋、半腱様筋)の総称を指します!

 

大腿二頭筋

 

  

 

半膜様筋

 

 

半腱様筋

 

 

ここがポイント

 

骨盤を後ろへ傾ける(後傾)膝の屈曲の作用があります!

 

そして、前屈するときに骨盤の前傾が必要ですが、

 

太もも裏(ハムストリングス)が硬いとそれが出来ず腰へ負担がかかり、その結果腰痛へと繋がっていきます!

 

解消ストレッチ

 

ジャックナイフ

 

 

お腹を太ももの前につけた状態で膝を伸ばしていく

 

注意点

 

膝を伸ばしていく際に太ももの前とお腹が離れないようにする。

 

まとめ

 

今回は腰痛改善にもも裏(ハムストリングス)という筋肉と

 

ジャックナイフというストレッチ方法を紹介させていただきました!

 

紹介した内容はあくまでも一例となりますが、皆さんの腰痛改善につながることを願っております!

 

腰痛改善をしたい!

 

もっと詳しく話を聞きたい!

 

そんなあなたはぜひDr.トレーニングにご来店お待ちしております!

 

そして今ならなんと、体験トレーニングが3400円で受けられます!

 

入会金後も4回無料3月限定のキャンペーン実施中です!

 

お問い合わせ

■Dr.トレーニング学芸大学店

学芸大学の地でパーソナルトレーニングによる
「一瞬ではなく一生モノの身体作り」
〈Dr.トレーニング学芸大学店〉

03-5708-5886

〒152-0004
東京都目黒区鷹番2−8−22 プラザ学芸大学EAST
>学芸大学のパーソナルトレーニング 店舗案内はこちら
>メールでのお問い合わせはこちら

>学芸大学のパーソナルトレーニング Dr.トレーニング TOP