MENU
CONTACT
無料カウンセリングはこちら

女性の悩み「むくみ」について 〜むくみの原因知っていますか?〜

皆さん、こんにちは!

Dr.トレーニング学芸大学店の目野です!

 

 

春の季節がやってきましたね🌱

先日、目黒川沿いに咲いてある満開の桜を見にいきました🌸

淡いピンク色が川沿いに連なっていてとても綺麗でした✨

桜が見てこそ、春を感じることができますよね☺️

今の時期は仕事も入れ替わりが激しくなり、忙しくなる方も多いと思いますが、少し散歩をして気分を入れ替えて、4月良いスタート

をきっていきましょう!!

 

 

 

では、本題に入っていきましょう!

今日はむくみについてです。

女性は特にむくみで悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

なんで浮腫んでしまうのか、浮腫まないためにどうしたら良いのかをお話しさせていただきます!

 

「むくみ」とは?

身体のおよそ6割は水分で、その3分の2は細胞内(細胞内液)に、3分の1は細胞外(細胞外液)にあります。細胞外液は、血液に含まれる水分(血

漿やリンパ液)と、細胞と細胞の間(細胞間隙)を埋めている水分(間質液)です。これらの水分は細胞や血管などを行き来して、細胞に栄養を送った

り、老廃物を除去したりしていますが、基本的には体内の水分の配分が変わることはありません。

正常時には…

組織液が血管からの流出、血管への吸収、リンパ管への回収、これらがうまく釣り合ってちょうど良い量に保たれています。

しかし、このバランスが崩れると、過剰な組織液(間質液)が貯留してしまいます。

これが「むくみ」です。

 

むくみの原因

・栄養バランスの偏り

主にナトリウム・塩分の過剰摂取

カルシウム・カリウム・マグネシウム・亜鉛の摂取不足などがあげられます。

 

・運動不足で筋力低下

筋肉量が少なく脂肪量が多い人(体脂肪率が高い人)

グリコーゲンの増加しやすくなってしまいます。

 

・長時間同じ姿勢

血液の循環が悪くなり、血管から水分が多く流れ出してしまうためです。

立ち仕事をしていると重力によって脚に水分が溜まるため、浮腫むことがあります。

 

・肉体的精神的なストレス

女性の場合は、月経周期によるホルモンの関係で、排卵後に分泌が増えるプロゲステロンという女性ホルモンの影響で、月経前の時期には体に水

分をため込みやすくなり、むくみやすくなるということもあります。

そのほかに、睡眠不足、運動不足、ストレスなど、むくみは様々な理由で起こります。ただし、こういったむくみは、ほとんどの人が1日である

いは、原因が改善されれば治ることが多く、さほど心配はいりません。

 

むくみの予防・解消法

・カリウムの多い食材を摂る

むくんでいるなと感じたら、積極的にカリウムが含まれる食品を摂りましょう。体の中では、「ナトリウム(塩分)」と、カリウムがバランスを

取り合って、血圧や水分を調節しています。「ナトリウム(塩分)」が多くなると、体は体内の塩分濃度を調節するために水分を溜め込んでむく

みやすくなります。カリウムには、ナトリウムを尿として体外に排出する働きがあります。積極的摂取していきましょう!

◯野菜(ほうれん草・春菊・小松菜・アボカド etc..)

◯芋類(じゃがいも・里芋・かぼちゃ)

◯果物(バナナ・りんご・キウイ・メロン etc ..)

◯豆類(大豆・枝豆・小豆)

 

・体を温める

根本から血液循環を良くする即効性があるのは体を温めることです。

入浴もシャワーですませるのではなく、湯船につかることを習慣にしましょう。

 

・適度に運動をする

女性がむくみやすい原因の一つは、筋力不足です。

体の仕組み的に男性に比べると女性の方が筋肉がつきにくいので、もともと筋肉量が少ないのです。

ふくらはぎという第二の心臓とも言われるような場所に筋肉が少なくなってしまうと、 体の上にしっかりと血液を持ち上げることができなくな

り、下半身のむくみなどにつながってしまうと思います。

 

まとめ

むくみがなくなるだけで体もスッキリ見えます!!

Dr.トレーニングでは、運動はもちろん食事の管理もしております!

学芸大学店にトレーニングマニュアルはありません。

お客様に対して責任を持ち、ご要望に合った「完全オーダーメイド」のトレーニングをご提案します。

健康的な体作りを行っていきましょう!

 

 

 

 

 

 

■Dr.トレーニング学芸大学店

学芸大学の地でパーソナルトレーニングによる
「一瞬ではなく一生モノの身体作り」
〈Dr.トレーニング学芸大学店〉

03-5708-5886

〒152-0004
東京都目黒区鷹番2−8−22 プラザ学芸大学EAST
>学芸大学のパーソナルトレーニング 店舗案内はこちら
>メールでのお問い合わせはこちら

>学芸大学のパーソナルトレーニング Dr.トレーニング TOP