MENU
CONTACT

【食欲と空腹の領域展開】2つのホルモンのメカニズムとは?

こんにちは!Dr.トレーニング学芸大学店の布目です!

 

 

呪術開戦にハマっているのでお許しください!(笑)

 

皆さん、食欲と空腹に関わるホルモンは知っておりますでしょうか?

 

食欲と空腹を知らせるホルモンは二つあるんですよ!

 

この二つの働きを理解し、知っていくことによって

 

ダイエットするのが少しでも楽しくなったり、その支えになったりできたら

 

嬉しいです!

 

それではいきましょう!

 

コントロールしてほしいホルモン

レプチン

 

脂肪細胞にあるレプチンというホルモンは食欲を抑制して

 

コントロールしていく働きがあるので、

 

常にレプチンというのが十分脂肪細胞に栄養を蓄えているから

 

【満腹だよ】という連絡をレプチンを通じて脳へ報告していきます!

 

これが満腹のメカニズムです!

 

抑えてほしいホルモン

グレリン

 

胃の中が空っぽになるとグレリンというホルモンが分泌されます!

 

そのグレリンが脳に命令して【お腹すいたよ】と報告します。

 

次に肝臓のグリコーゲンが減ってくるとまた脳に

 

【肝グリコーゲン減っているよ】と報告します!

 

これが空腹が起こるメカニズムです!

 

食欲をコントロールするための領域展開とは?

 

では、食欲はどう抑えていけばいいのでしょうか?

 

つまり、【グレリンの分泌を抑え、レプチンを増やしていくこと】が大切だと思います!

 

ここがポイント

 

空腹を感じたら、軽い運動をしていきましょう!

 

運動を行うことでグレリンを抑えることが出来るという研究結果が報告されています!

 

お腹が空いていてもグレリンが分泌されないことで空腹を感じなくなるのです!

 

運動強度が高いほど効果があり、運動後1時間くらい持続すると言われています!

 

なので、空腹を感じた時ほど運動していくと食欲を抑えることができ、

 

エネルギー消費にもつながるので一石二鳥ですね!

 

まとめ

 

グレリンとレプチンの二つのホルモンについて理解できましたでしょうか?

 

この二つのホルモンを理解し、

 

グレリンを抑えていくことによって空腹を感じにくくなるので、

 

運動していって、食欲を抑制しコントロールしていきましょう!

 

もっと詳しくききたい!

 

やせたい!

 

食べ過ぎがやめられなくて困っている!

 

などの様々なお悩みがあれば、ぜひDr.トレーニングへご来店お待ちしております!

 

そして今ならなんと、体験トレーニングが3400円で受けられます!

 

入会金後も4回無料3月限定のキャンペーン実施中です!

 

お問い合わせ

■Dr.トレーニング学芸大学店

学芸大学の地でパーソナルトレーニングによる
「一瞬ではなく一生モノの身体作り」
〈Dr.トレーニング学芸大学店〉

03-5708-5886

〒152-0004
東京都目黒区鷹番2−8−22 プラザ学芸大学EAST
>学芸大学のパーソナルトレーニング 店舗案内はこちら
>メールでのお問い合わせはこちら

>学芸大学のパーソナルトレーニング Dr.トレーニング TOP