MENU
CONTACT

筋肉がつかない人の3つの共通点

皆さん、こんにちは!

Dr.トレーニング学芸大学店 目野です☺︎

 

 

そろそろ春も近づいてきました🌸

この勢いであっという間に夏もやってきそうですね!

暑いよりも、寒い方が私は苦手なので日焼けすること嫌ですが嬉しいです!笑

夏に向けての、身体づくりを始めているもしくは、始めようと思っている方も多いのではないでしょう!

トレーニングは、いきなりやり過ぎても怪我につながります。後々リバウンドする可能性もあります。

今回はトレーニングを行ってもなかなか筋肉がつかない、身体が変わっていかない方に共通していることをお話していきたいと思います!

 

 

①トレーニングのやりすぎ

 

トレーニングをやりすぎてしまうと、逆にオーバーワークになってしまって筋肉が発達しません。

筋肉というのは合成分解を繰り返し行っていきます。

トレーニングは合成の刺激も与え、分解の刺激も与えます。

しかし、やりすぎてしまうと分解の刺激が強くなり、合成が間に合わず分解ばかりしてしまいます

 

結果、筋肉が全然増えないということになってしまうのです。

 

例)何ヶ月経ってもベンチプレスで70kg以上上げきれない

このように成長していない理由は分解が多くなっている証拠です

 

・トレーニングの頻度

・トレーニングの時間

・セット

 

これらが上手く調整できているか一度見直してみて筋肉の回復を高めていきましょう!

 

食事に問題がある

 

どれだけ筋肉の合成と分解が行えて合成のシグナルが与えられたとしても、材料がなければ筋肉を作ることはできません!

 

まず大事なのは、十分なタンパク質を摂るということです。

そして、糖質と脂質など、エネルギーになるものもしっかり摂りましょう!

 

エネルギーがない状態が続くと、筋肉を分解してそれをエネルギーの材料にしてしまいます。

エネルギー不足は筋肉を分解してしまう原因になるので【タンパク質+糖質+脂質+ビタミン+ミネラル】をバランス良く摂ることを意識しましょう!

 

 

回復

トレーニングをして筋肉を合成するシグナルが与えられても回復しないと、どんどん分解が進んでしまいます。

回復するために大切なことは血液の循環も保つことです。

栄養を摂ってもその栄養が細胞に行き渡らないと意味がありません。

細胞に行き渡らせる役割を持つのが、血液なります。

血液の循環が悪いと細胞に栄養や酸素が行き渡らなくなってしまいます。

血液の循環を良くするためには、半身浴・マッサージ・ストレッチなど、身体のケアを行って早く回復できるようにしましょう!

 

まとめ

トレーニングの効率を上げるためには短期間で結果を求めようとせずに、計画立てて行うことが大切だということです。

ここDr.トレーニングお客様一人一人完全オーダーメイドでトレーニングメニューを作っております!

更に3月のキャンペーン

☆入会金のお支払いで、60分トレーニング4回分無料

☆体験トレーニング6700円→3400円

限定10名様ですのでお早めのご予約お待ちしております!!

■Dr.トレーニング学芸大学店

学芸大学の地でパーソナルトレーニングによる
「一瞬ではなく一生モノの身体作り」
〈Dr.トレーニング学芸大学店〉

03-5708-5886

〒152-0004
東京都目黒区鷹番2−8−22 プラザ学芸大学EAST
>学芸大学のパーソナルトレーニング 店舗案内はこちら
>メールでのお問い合わせはこちら

>学芸大学のパーソナルトレーニング Dr.トレーニング TOP