MENU
CONTACT

これでキレイな筋肉がつく!〜効果的なタンパク質の摂り入れ方〜

皆さんこんにちは☺︎

Dr.トレーニング 学芸大学店 目野です!

 

新年明けましておめでとうございます。

今年はどんな1年にしたいですか?

やりたいことや、目標などはありますか?

2021年もあっという間に過ぎてしまいます!

1日1分1秒を大切にして、良い1年にしていきましょう✨

今年も宜しくお願い致します😊

 

では、今日の本題【筋トレ時の効果的なタンパク質の摂り入れ方】についてお話しています!

引き締めたい、筋肉ムキムキにしたいと思ってトレーニング始めたのに、栄養をしっかりと摂れていなかったらなかなか効果は出ません。

効率的に筋肉をつけるには必要な栄養を計画的に摂取することも重要です。

 

 

タンパク質の摂取筋トレはセット

トレーニング中の身体はカタボリック(異化)になり筋肉が分解されている状態ですが、トレーニング後はアナボリック(同化)に切り替わって筋肉がつくられ始めます。そこで、筋肉の材料となるタンパク質をトレーニングの際に補給すれば、筋肉合成がスムーズに進むのです。

逆に、タンパク質が不足していると、カタボリックがどんどん進行します。せっかくのトレーニングの効果が半減してしまいます。

なので、トレーニングとタンパク質の摂取はワンセットとして考えるようにしましょう!

 

タンパク質を摂るのは筋トレの前後どちらがいい?

タンパク質を摂るタイミングは、筋トレの前後どちらが良いと思いますか?

実験によれば、筋肉への効果に大きな差はありません。大事なのは、タンパク質の摂取と筋トレはセットにするということです!

消化、吸収のことを考えると、起床してプロテイン(液体状のもの)を飲み、その後トレーニング行った後にプロテイン+食事(固形物)という流れもおすすめです!

 

筋肉をつけるためには糖質も一緒に摂るのがベスト!

筋肉をつけるのに必要な材料はタンパク質ですが、糖質も一緒に摂ることが重要なのです!

糖質は普段、グリコーゲンという形で筋肉に蓄えられていて、筋肉を使うときにエネルギー源となります。

筋トレをすると、糖質が大量に消費され、筋肉内のグリコーゲンが枯渇した状態になります。

ここで、糖質を摂取すれば、それが速やかに筋肉へと運ばれ、グリコーゲンとして補充されるのです。

糖質を摂取しなければエネルギー不足になり、筋肉の分解(カタボリック)が進んでしまいます。

 

ステーキフード

 

1日の食事を見直してみるのはもちろん、食事のタイミングや食事内容を意識して、身体づくりを行なってましょう!

 

 

 

 

■Dr.トレーニング学芸大学店

学芸大学の地でパーソナルトレーニングによる
「一瞬ではなく一生モノの身体作り」
〈Dr.トレーニング学芸大学店〉

03-5708-5886

〒152-0004
東京都目黒区鷹番2−8−22 プラザ学芸大学EAST
>学芸大学のパーソナルトレーニング 店舗案内はこちら
>メールでのお問い合わせはこちら

>学芸大学のパーソナルトレーニング Dr.トレーニング TOP