MENU
CONTACT
無料カウンセリングはこちら

Dr.トレーニングが教えるボディメイクに最適な「高タンパク質」の食材を7個紹介します!

こんにちは!Dr.トレーニング学芸大学店の布目です!

 

 

みなさんあけましておめでとうございます!

 

昨年は大変お世話になり、ありがとうございました。

 

今年も皆さんにとって、より良い一年になるようトレーニングを通して

 

関わらせていただきたいと思います。

 

今年もよろしくお願いいたします。

 

 

では、早速ですが今回の内容は、タンパク質の多い食材について紹介させていただきたいと思います!

 

ボディメイクをしていきたい方へ「脂肪やぜい肉を落としスッキリさせつつ、適度な筋肉を付ける」ことがボディメイクの必須条件です!

 

ただ、体重を落とすだけではダメなんですね!

 

なので、トレーニングと合わせてたんぱく質の多い食材をとると、筋肉をつきやすくさせていき、

 

かっこいい身体だったり、引き締まった身体へ近づけていけます!

 

では、さっそくたんぱく質の多い食材は何を取ればいいのか?についてを7個に絞って紹介させていただきます!

 

それでは、いきましょう!

 

タンパク質の多い食材とは

・肉類

・魚介類

・卵類

・大豆製品

・乳製品

 

があげられるます!

 

タンパク質を豊富に含む食材としては、

 

動物性のものだと肉や魚、牛乳、チーズ、卵。

 

植物性のものでは大豆を使った豆腐や納豆などがイメージしやすいと思います。

 

それでは、その中で7個に絞って紹介させていただきたいと思います!

 

サラダチキン

 

サラダチキンはたんぱく質量約20gあります!

 

鶏肉は高タンパクで低脂質なので、ボディメイクには欠かせない食材です。

 

また、不足しがちなビタミンやミネラルが豊富に含まれています。

 

100gあたりたんぱく質約20gあります!

 

そして魚はDHAEPAが豊富に含まれています。

 

その結果、

 

①中性脂肪を減らす作用、脂質異常症や動脈硬化など、生活習慣病のリスクを下げる働きがあります。

 

②赤血球が柔なくなり、体中に酸素が行き渡るので、運動時の酸素摂取が効率的行われ、持久力のアップにつながります。

 

③脂質の代謝に関連する遺伝子に作用して脂肪を燃焼しやすい体質になります。

 

④魚の摂取により血液中に現れる炎症物質が減少して、筋肉痛を緩和したり、

 

関節や筋肉の損傷を緩和したり、肉離れを予防する可能性があると言われています。

 

※DHAやEPAは熱に弱いので、刺身で食べると良いです。

 

ゆで卵

一個あたりたんぱく質は約7gあります!

 

卵はビタミンミやミネラルや豊富で、血中脂質を下げるレシチン(脂質の一種)が摂取できます。

 

牛乳

牛乳は100mlあたり約4gあります

 

牛乳はカルシウムの摂取ができます。

 

ですが、脂質がセットになってしまうので、脂肪をつけたくない人はスキムミルクがオススメです。

 

納豆

 

1パックあたりたんぱく質7gあります!

 

大豆製品はレシチンや抗酸化物質の大豆サポニン、

 

女性ホルモンと似たイソフラボンが豊富に含まれます。

 

ローストビーフ

100gあたりたんぱく質約20gあります!

 

牛肉は、タンパク質とともに不足しがちな鉄分亜鉛が摂取できます!

 

鉄分は、赤血球中の「ヘモグロビン」や筋肉に含まれる「ミオグロビン」の構成要素として、

 

身体中へ酸素を送り届ける役割を担うので、私たちの身体にとって非常に重要な栄養素です。

 

不足すると貧血になりやすいので、摂取していきたいですね!

 

亜鉛はたんぱく質を合成したり、分解するのがこの亜鉛の主な役割です。

 

細胞の生まれ変わりの活発なところ、つまり新陳代謝において重要なのがこの亜鉛なのです。

 

要は若返り効果につながります!

 

豚ヒレ

 

100あたりたんぱく質は約22gあります!

 

豚肉はビタミンB1が豊富です。

 

ビタミンB1は体内で糖質をエネルギーへ変換する際に必要となるビタミンです。

 

そのためごはんやパンなどをたくさん食べても、

 

ビタミンB1が不足しているとエネルギーへの変換効率が悪くなってしまいます。

 

また、脳はブドウ糖を分解してエネルギーを作るため、

 

ビタミンB1が不足すると十分なエネルギーを作ることができず、

 

記憶力の低下情緒不安定うつ病などを引き起こす可能性があります。

 

このように、ビタミンB1には心身を活性化させ、健康な状態に保つ効果があります。

 

まとめ

たんぱく質の多い食材を積極的にとっていき、みなさんの身体が引き締まっていくことを

 

応援していきたいと思います!

 

たんぱく質の多い食材の一部を紹介させていただきましたが、参考になりましたでしょうか?

 

なので主に、肉類、魚介類、卵類、大豆製品、乳製品を積極的にとっていきましょう!

 

栄養をとりながらトレーニングも継続していくということも大切になりますので、

 

弊社ジムでトレーニングも一緒に頑張っていきましょう!

 

そして、なんと一月限定で入会金無料と体験トレーニングが3400円(49%オフ)で

 

受けられるので、この機会に是非身体を変えに来てくださいませ!

 

みなさんのご来店を心よりお待ちしております!

 

お問い合わせ

■Dr.トレーニング学芸大学店

学芸大学の地でパーソナルトレーニングによる
「一瞬ではなく一生モノの身体作り」
〈Dr.トレーニング学芸大学店〉

03-5708-5886

〒152-0004
東京都目黒区鷹番2−8−22 プラザ学芸大学EAST
>学芸大学のパーソナルトレーニング 店舗案内はこちら
>メールでのお問い合わせはこちら

>学芸大学のパーソナルトレーニング Dr.トレーニング TOP