MENU
CONTACT

夏に向けての身体作り③筋トレ前と後の食事ポイント

こんにちは!Dr.トレーニング学芸大学店の布目です!

久しぶりに海へいってきました!最高に気持ち良かったです!みなさんもぜひ海にいってみて下さいね!

さあ、今回の内容は筋トレ前と後の食事ポイントをお伝えさせていただきます!

身体を作る上でトレーニングと合わせて栄養面も大事になるので、実践していきましょう!

そうすれば、理想とする身体へと近づいていけるので、頑張っていきましょう!

筋トレ前

筋トレ開始2-3時間前にタンパク質を摂る

筋トレ前にタンパク質をとることで筋肉の分解を抑制できる!

ただ、消化吸収の関係上、2~3時間前にとることをおすすめします!

プロテインであれば、一時間前にとるようにしましょう!

エネルギー源の糖質も摂る

開始一時間前に糖質もとるようにすることで

筋トレ中のエネルギー源となり、力が発揮されやすくなる!

筋トレ前にバナナを食べる理由がそれにあたります!

その他に、果糖は素早く吸収され、

血糖値を上昇させないので副交感神経優位にならない!

副交感神経優位になると眠くなります!

そして、トレーニングに集中できなくなるので、糖質をとって改善していきましょう!

脂質の摂取量を減らす

消化吸収に時間がかかり筋トレ中の代謝反応を

低下させるので、トレーニング中の代謝率がダウンさせる!

トレーニング前の脂質はなるべく控えていきましょう!

筋トレ後

筋トレ終了後1時間以内に食事を摂る

トレーニングが終わったら、プロテインをとるようにしましょう!

タンパク質を計30-40g摂る

筋肉を付けていきたいのであれば、

トレーニング後にタンパク質を多めにとっていきましょう!

というのもトレーニング後は筋タンパクが枯渇しており、

タンパク質をとることで合成反応を促していきます!

糖質も摂る

糖質を摂取することでインスリンが分泌され、体内に栄養を行き渡らせます!

その結果、筋タンパク質の合成を高めるので、筋肉がよりつきやすくなります!

最後に

みなさんは、いくつできておりましたでしょうか?

筋トレ前・後で共通していることは

糖質・タンパク質を積極的に摂取していくことが、筋肉をつけていく上での鍵となります!

また、筋トレ前は脂質をとるのを控えましょう!

そして、今回の内容を実践していけたら、

筋肉量を上げていけるので、できる限り実践していきましょう!

弊社ジムではトレーニング以外の栄養面のアドバイスも

おこなっておりますので、気になることあればなんでも聞いてくださいね!

ご興味ある方は今だけ体験トレーニングが6700円で体験可能なキャンペーン実施中です

お気軽にお問い合わせくださいお待ちしております!

■Dr.トレーニング学芸大学店

学芸大学の地でパーソナルトレーニングによる
「一瞬ではなく一生モノの身体作り」
〈Dr.トレーニング学芸大学店〉

03-5708-5886

〒152-0004
東京都目黒区鷹番2−8−22 プラザ学芸大学EAST
>学芸大学のパーソナルトレーニング 店舗案内はこちら
>メールでのお問い合わせはこちら

>学芸大学のパーソナルトレーニング Dr.トレーニング TOP