MENU
CONTACT

【学芸大学 パーソナルトレーニングジム】自宅でできるぎっくり腰改善エクササイズ

 ※このブログは自宅より投稿しています。

こんにちわ!

パーソナルトレーニングジム Dr.トレーニング 学芸大学店 布目です!

 

みなさんぎっくり腰には注意してくださいね!

コロナの影響で運動する機会が減り、長時間座りっばなしが続くと腰に負担をかけてしまい、

ある時重い荷物を持った瞬間、腰に激痛が…!「ぎっくり腰」はある日突然やってきます!

なので、ぎっくり腰にならないようにご自宅でもできるエクササイズを紹介させていただきます!

ぜひ試してみてください!

 

ウィンドミル

腰方形筋といわれる姿勢改善をする筋肉と腹斜筋の柔軟性を上げる!

そこが硬くなるとぎっくり腰の原因となるので、予防していきましょう

 

 

用意するもの

・水の入った2Lのペットボトル

 

説明

1.片手で重りもしくはペットボトルを持ち、足は腰幅まで開く

2.手は120°程上げて、ての平は前に向かせる

3.このまま重りを持っている手をまっすぐ下に倒していく

 

注意点

・骨盤が横にいき過ぎない

骨盤を安定させた状態で行っていきましょう!

・身体が前や後ろにねじれたり、後ろに傾いてきたりしない

手の先を目でみて、まっすぐ下に倒れていきましょう!

 

回数の目安は左右7回ずつが理想です!

 

柔軟性に左右差がある場合はぎっくり腰予備軍となりますので、左右差の柔軟性を高めていきましょう!

 

ぎっくり腰にならないためにも今回紹介させていただきましたエクササイズを行って頂き、予防していきましょう!

 

■Dr.トレーニング学芸大学店

学芸大学の地でパーソナルトレーニングによる
「一瞬ではなく一生モノの身体作り」
〈Dr.トレーニング学芸大学店〉

03-5708-5886

〒152-0004
東京都目黒区鷹番2−8−22 プラザ学芸大学EAST
>学芸大学のパーソナルトレーニング 店舗案内はこちら
>メールでのお問い合わせはこちら

>学芸大学のパーソナルトレーニング Dr.トレーニング TOP