MENU
CONTACT

ダイエット中になぜ筋トレをするのか?〜パーソナルトレーニング学芸大学店〜

ご覧いただきましてありがとうございます。

パーソナルトレーナー Dr.トレーニング学芸大学店の金子です。

今回は、ダイエットでなぜ筋力トレーニングをするのか。ここにフォーカスしてお伝えしていきます。

まずは、短期的なお身体の変化(トレーニング中もしくはトレーニング直後に現れる変化)をお伝えいたします。

体の中で大きく3つに分けて変化します。

1、神経系の反応

脳からの伝達する電気信号

2、筋肉の変化

3、内分泌系の変化

エピネフリン濃度

コルチゾール濃度

テストステロン濃度

成長ホルモン濃度

 

この「内分泌系の変化」ですが、これらのホルモンはトレーニング中に全て増加します。

 

・エピネフリン=アドレナリン

アドレナリンが出ることによって脂肪燃焼効果UP

 

・コルチゾール=ストレスホルモン

ストレスを受けると分泌するホルモンで、トレーニングが終わるとスッキリすると思います。

これらはコルチゾールの効果により、ストレス耐性UPにもつながります。

 

・テストステロン=筋肉増強ホルモン

筋肉を肥大させるための様々な信号を発信します。

 

・成長ホルモン=アンチエイジング

老化防止に欠かさないホルモンです。新陳代謝を良くし、肌の潤いなどにも関わってきます。ストレス耐性も強くなります。

 

以上がトレーニング中およびトレーニング直後に起こる変化を簡単にまとめさせていただきました。

トレーニングをして、代謝を上げやすくし、脂肪燃焼効果を高め、ストレスにも強くなります。

そして肌も綺麗になるのでメリットばかりです!

 

パーソナルトレーニングを通して心身ともに強化していきましょう!

 

今後は、長期的な体の反応についてお伝えいたします!

■Dr.トレーニング学芸大学店

一瞬ではなく一生モノの身体作り
〈Dr.トレーニング学芸大学店〉
03-5708-5886

〒152-0004
東京都目黒区鷹番2−8−22 プラザ学芸大学EAST
>メールでのお問い合わせはこちら

>Instagramはこちら

■Dr.トレーニング学芸大学店

学芸大学の地でパーソナルトレーニングによる
「一瞬ではなく一生モノの身体作り」
〈Dr.トレーニング学芸大学店〉

03-5708-5886

〒152-0004
東京都目黒区鷹番2−8−22 プラザ学芸大学EAST
>学芸大学のパーソナルトレーニング 店舗案内はこちら
>メールでのお問い合わせはこちら

>学芸大学のパーソナルトレーニング Dr.トレーニング TOP