MENU
CONTACT

【脂肪細胞について】

こんばんは!

パーソナルトレーニングジム Dr.トレーニング 学芸大学店です

 

本日は

 

「脂肪細胞」

 

についてです!

 

 

脂肪細胞は体脂肪を貯蔵する風船のようなものです!

 

体の体脂肪が増えると、その風船はどんどん膨らんでいきます。

しかし、その風船の容量は決まっており

入りきらなくなったら新たな脂肪細胞を新生します。

 

 

太りやすいものを食べれば食べるほど

脂肪細胞の肥大と新生が繰り返し行われます。

 

新生できる脂肪細胞の数は人によって異なり、

限界に達すると糖質や脂質が脂肪細胞に入りきらず、

血液中にあふれます。

 

これが高血糖(糖尿病)や脂質異常症につながります。

 

外食や揚げ物、ファーストフードなど

高脂肪の食事が続くと風船が膨らみ続け、

体重はどんどん増え続けてしまうので注意が必要です!

 

食べてすぐ寝ると太るという話がありますが、これは真実です!

 

食べたものは胃を通り、腸で吸収されて、

血液を循環し、栄養が内臓や脂肪に取り込まれます。

 

胃や腸に、血液中に栄養成分が残ったまま寝てしまうと、

骨格筋への栄養の取り込む量が減り、脂肪細胞に入ってしまうのです。

 

通常の食事では2〜3時間、

脂肪の多い食事では4〜5時間で

血液中から取り込まれて消失するので、

夕食が遅い場合は食べ過ぎや脂質の多い食事には

注意して寝る前は食べないようにすることが大事です!

 

■Dr.トレーニング学芸大学店

一瞬ではなく一生モノの身体作り
〈Dr.トレーニング学芸大学店〉
03-5708-5886

〒152-0004
東京都目黒区鷹番2−8−22 プラザ学芸大学EAST
>メールでのお問い合わせはこちら

>Instagramはこちら

■Dr.トレーニング学芸大学店

学芸大学の地でパーソナルトレーニングによる
「一瞬ではなく一生モノの身体作り」
〈Dr.トレーニング学芸大学店〉

03-5708-5886

〒152-0004
東京都目黒区鷹番2−8−22 プラザ学芸大学EAST
>学芸大学のパーソナルトレーニング 店舗案内はこちら
>メールでのお問い合わせはこちら

>学芸大学のパーソナルトレーニング Dr.トレーニング TOP